良性でした

2020年8月4日。
先週受けた甲状腺の生検の結果を聞きに病院へ。
結果は…


良性の腫瘍!


最終的にはまた内分泌代謝内科の診察を受けてから、ということになるが、ひとまずこのまま経過観察ということになりそうだ。
今仕事も忙しいし、何かとバタバタしているので、また入院なんてことにならなくて本当によかった。
もうじきお盆なので、しばらく行けてなかった墓参りに行って、亡き父に報告と、今後も見守ってくれることをお願いしておこう。

今年のお盆は、またここ最近新型コロナの感染者数が増加傾向にあるようなので、免疫力に自信のない自分は墓参り以外は自宅でおとなしくしているつもりだ。
先日 Amazon から NAS が届いたところだったので、この休みでセットアップしよう。

ところで、自分と同じく白血病で、骨髄移植手術を受けた池江璃花子さんが、ついに復帰するという。
もちろん全盛期には程遠いとは思うが、4年後のパリに向けていよいよ再始動というところか。(さすがに来年の東京は無いだろう…)
あと4年で筋力がどこまで戻るか、泳ぎ方を思い出せるかがカギとなるだろうが、まだ若いのでワンチャンあるはずだ。
同じ病気で同じ手術を受けた人間として、オリンピックの舞台に立てることを願っているし、応援していきたい。

"良性でした"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: