2画面ファイラ 305ZT 44歳 4人部屋 Amazon Amazonアソシエイト・プログラム AXGP Basic 認証 Blast細胞 Bootstrap CoderDojo Cookie CSRF CSS CTスキャン CVカテーテル day0 Emmet farman finally G-CSF GET gif gifアニメ git github Google フォト Googleフォト GPS GVHD heroku HLA HTML HTMLテンプレート http-auth Hubot javascript Linux NAS node.js NPM N予備校プログラミングコース OSコマンド・インジェクション package.json post PostgreSQL PUG QDirModel QFileSystemModel QGraphicsScene QHexView QMovie QSortFilterProxyModel QT QTableView SCRATCH Seesaa sequelize SLACK SpO2 twitter ubuntu unity Vagrant Virtual Box WebP XSS Y!mobile うつ うなぎ お台場ガンダム がん仲間 がん保険 がん光免疫療法 がん特約 そらの100かいだてのいえ てらすエルゴⅢ とてもつらい にんじんジュース アイソレーター アクラシノン アズノール アロキシ イダマイシン インフルエンザ イーケプラ ウォーキング ウォーターダンベル エルゴメーター エンドキサン カシモバ カップ麺 カロナール キロサイド ギガ クロスサイト・スクリプティング クロスサイト・リクエストフォージェリ グラニセトロン グローバルナビ ケナログ コンビニ シャワー スイーツ ストレス スーパーマリオメーカー セッションハイジャック ソフトバンク ソルデム1輸液 ソート機能 テルペラン ディズニーランド デキサート トラッキング ドナー ドメイン ドラッグ&ドロップ ニンテンドー3DS ノイトロジン ハンドグリップ バイナリビュアー バクタ配合錠 パスワード パリエット パン食 ヒューマン フィルタ機能 フェイスグルーピング ブスルフェクス プライバシーポリシー プログラフ プログラミング教育 ペーパー加湿器 ボラザG ポータブルX線撮影装置 メソトレキセート メトトレキサート メンタル モバイルWi-Fiルータ モバイルWi-FIルーター リハビリ レパミビド レントゲン ローン 一時退院 下痢 不安 人間ドック 位置推定機能 体力 体重 例外 便秘 倦怠感 健康保険 免疫抑制剤 免責事項 入院 入院生活 冷やしうどん 初日の出 副作用 加湿器 口内炎 同期・非同期I/O 吐き気 吐き気止め 味覚異常 圏外 土用丑の日 外泊 好中球 子供 家族 富士山 寛解導入療法 引きこもり 心エコー検査 心電図 急性骨髄性白血病 扇風機 抗がん剤 抗がん剤治療 抗生剤 抜歯 振り返り 採血 掲示板 末梢血幹細胞 歯茎 油モノ 治療費 準無菌室 点滴 無菌室 生命保険 生着 甲状腺 病室 病室移動 病院食 発熱 発疹 白血球 目眩 直腸・肛門触診 眼底 眼科 社会復帰 移植前オリエンテーション 移植前検査 移植片対宿主病 立ちくらみ 第2章 筋トレ 簡易無菌室 精神科 精神科医の問診 紫斑 給付金 耳・鼻の内視鏡検査 肺機能検査 胃の締め付け 胃もたれ 胃痛 胃薬 脆弱性 脊髄 脱毛 腫れ 自宅 自宅ファイルサーバ 著作権 血中酸素 血中酸素濃度 血圧 血小板 血栓 血液検査 補液 西日 親知らず 解熱剤 認証 誕生日 誤嚥性肺炎 貧血 赤血球 足のむくみ 輸血 辞書攻撃 通信量 通勤時間 造影剤 造影剤CT 造血幹細胞移植 酸化マグネシウム 酸素吸入 面会 頭痛 食事 食事制限 骨密度測定 骨髄バンク 骨髄生検 骨髄穿刺 髄注 髄液 高額療養費 鼻腔粘膜焼灼術 鼻血

またまた発熱

2018/07/21 06:00
2018年7月20日。無事生着したし、あとはこのまま退院を目指すのみ…と思ったのも束の間、またもや発熱。薬で抑えてないと38℃台後半まで熱が上がってしまうようになった。 前回の発熱は、採血して血液培養したところ首に入れたCVカテーテルから入り込んだとのことだったが、今回はまだ検査中で分からず。 もしかしたらGVHDの可能性もあるらしい。これまで殆どそれらしい兆候はなかったのだが、数日前から首から胸にかけて原因不明の発疹がでてきたりしており、いよいよ来るべきものが来たのかも..

続きを読む

また発熱

2018/07/09 12:00
2018年7月某日。熱が下がって油断していたら、またも発熱。気づけば39℃まで上がってしまった。 首のCVカテーテルと腕からそれぞれ採血して検査したところ、カテーテルの方からバイ菌が検出された。ということで、せっかく入れたばかりのカテーテルを再び抜いて、またも腕から点滴のルートを取ることに。ただ、今度は右手から2本取ることができず、試行錯誤の結果、両手の甲から1本ずつ取ることになってしまった。う〜ん、これはかなり不便…。 その後もなかなか熱が下がらず、さらに血中酸素の数値..

続きを読む

発熱しまくり

2018/07/03 18:00
2018年6月某日。造血幹細胞移植から数日経過。このまま順調に生着までいければよいのだが、やはりそうは問屋が卸さない。移植を終えて3日後あたりから、高熱にうなされる日が続いた。酷い時は39℃台まで上がるときもあり、こうなると何もやる気がせず、ずっと寝たきりで1日を終えることもあった。抗生剤の種類や量を増やしたりしたものの、状況はあまり好転せず。やはり高熱の原因である、菌の感染源を突き止めなければならない。 で、この頃首のCVカテーテルを入れている辺りが赤く腫れてきており、ど..

続きを読む

いてえよ〜!!

2018/05/16 17:57
2018年5月16日。抜歯してから1週間経った。 腫れは大分引いたし、発熱することも無くなったが、口はまだ以前程開かないので、食事は未だに五分粥食。おまけに抜歯したあたりがメチャクチャ痛む時がある。痛みだしてきたら、痛み止めの薬であるカロナールのお世話になる。カロナールを服用して効いてくるまでの間は冷えピタや氷枕を抜歯した方の頬を当てたりしつつ耐える。大体1時間もすると効いてくるが、その後2〜3時間もすると効き目が切れてきて痛みがぶり返してくる。ただ服用間隔を最低6時間空け..

続きを読む

顔と手首の腫れ

2018/05/12 15:08
2018年5月12日。親知らずを抜いた後の腫れは相変わらずで、痛みは和らいできたものの、口はあまり開かないし、強く噛むと痛みが増す。そのため、今は五分粥食となっている。まるで病気になったおじいちゃんみたい。早くまともな食事ができるようになりたい。 そして親知らずを抜いた頃から、今度は左手首の親指側あたりの点滴の跡が腫れ上がってきてしまい、熱を持つようになってしまった。おまけに腕を下げたりすると血流のせいか痛い。 エコー検査をしてもらったところ、膿は溜まっておらず、点滴を通..

続きを読む

抜歯のち発熱

2018/05/10 08:17
2018年5月9日。左下の親知らずを抜歯した。もともと、少しだけ生えてきていて、その上に歯茎が被さっていたのだが、1月頃に隙間からバイ菌が入り込んだのか、歯茎が腫れてしまった。今後造血幹細胞移植をするにあたり、免疫力が落ちるため、また同じようなことが起きると大変なので、問題となっている親知らずを抜いて、塞いでしまおうということらしい。 昼御飯直前に呼び出され、口腔外科へ。まずは親知らず周辺に麻酔。5分か10分くらいして大分麻酔が効いてきたので、いよいよ手術開始。 何しろず..

続きを読む

うまくいかない

2018/03/08 20:44
2018年3月8日。朝起きたら久々に38℃台の高熱。前日夜、ちょっと寒けがするなぁとは思っていたが、まさか発熱するとは。発疹を診てもらうため前日皮膚科の外来に行ったのだが、その時に何か貰ってしまっただろうか。ひとまず、カロナールを飲んで熱を下げ、朝晩抗生剤を点滴して様子を見ることに。 その発疹については、血小板を輸血したからではなく、血小板が少ないことによる紫斑と呼ばれる現象だそうな。発見したのが血小板輸血中だったのでてっきりそれが原因かと思っていたが、たまたまそのタイミン..

続きを読む

造影CT

2018/01/29 20:39
2018年1月29日。ここ数日、夜遅くなると熱が上がり始め、朝起きると38℃台になることもしばしば。解熱剤飲んで横になっていると11時頃には熱が下がり、ようやく動けるようになる、というパターンが続いている。抗がん剤のキロサイドの副作用として発熱があるらしいのだが、それによるものなのか、あるいは感染症が発症しているのかをハッキリさせたい、ということで、今日は造影CTを受けた。 造影CTとは、造影剤を点滴投与した後にCTスキャンを撮るもので、内臓がどこか炎症を起こしていると、そ..

続きを読む

微熱と頭痛と倦怠感

2018/01/19 15:19
2018年1月19日。抗がん剤治療第2ラウンドが始まって3日目。案の定、副作用に苦しめられている。 今回はアクラシノンという抗がん剤を30分*4日間、前回と同じくキロサイドという抗がん剤を24時間*14日間投与する。真ん中の黄色いのがアクラシノンだ。前回のイダマイシン同様、強力な薬らしく、やはりドギツイ色をしている。ちなみにアクラシノン投与中は、前回と同様心電図や血中酸素のモニタも付けさせられる。慣れてはきたが、やはりウザい。 初日は特にこれといった副作用は出なかったが、..

続きを読む

輸血のち発熱

2018/01/11 07:09
2018年1月10日午後。4回目の血小板輸血。自分の骨髄は未だ血小板を自家製造できていないようで、こうしてマメに輸血してやらないといけない。 自分のを含めて5人の血小板が同じ体内にいるわけで、喧嘩しないんだろうか、とかアホな心配をしていたからか、輸血終わった途端に発熱。夜になっても熱は下がるどころか、37.8℃まで上がってしまった。それでも自分はあまり心配していなかったが、こうなったことに対し主治医の方が誤算だったらしく、ちょっとどうするか考えます、ということに。結局消灯時..

続きを読む

点滴つけ直し

2018/01/08 22:47
2018年1月8日夜。今朝、抗生剤の点滴を受け、解熱剤を飲んでから、一日調子がよかった。発熱も頭痛もなく過ごせるなんて久しぶりだ。 ところで先日首から左腕につけ直された点滴の口だが、夜になって抗生剤の点滴を受けていたところ、段々腫れ上がってきて痛むように。ナースコールして中断してもらい、結局右手首に再度点滴の口をつけ直すことになった。手が洗いづらくなったな…。 左腕はなんか痛々しい。 そして今回の点滴の件が影響しているかどうかはわからないが、夜になってまた熱と頭痛が再発..

続きを読む

採血地獄

2018/01/08 11:01
2018年1月8日朝。世間的には成人の日だったり、明日から3学期だったりとか、松の内も終わって何かと慌ただしくなってくる頃だが、病室はいつも変わらない日々。 頭痛と熱は相変わらずで、解熱剤でしばらく下がるも効果は長続きせず、また苦しみの時間が続く、という状況。特に夜中にピークが来るようで、前頭部、特にこめかみのあたりがズキンズキンと痛んできて、こうなると寝たくても寝られない。看護師さんに頼んで解熱剤を貰い、氷枕を前頭部やこめかみに押し付けながら、治まるのを待つしかない。 ..

続きを読む