2画面ファイラ 305ZT 44歳 4人部屋 Amazon AXGP Blast細胞 CSS CTスキャン CVカテーテル Emmet farman gif gifアニメ git github GVHD HLA HTML javascript Linux N予備校プログラミングコース QGraphicsScene QHexView QMovie QT SpO2 twitter ubuntu Vagrant Virtual Box WebP Y!mobile うつ がん仲間 がん保険 がん光免疫療法 がん特約 そらの100かいだてのいえ にんじんジュース アイソレーター アクラシノン アロキシ イダマイシン インフルエンザ ウォーキング カシモバ カロナール キロサイド ギガ グラニセトロン ケナログ コンビニ シャワー スイーツ ソフトバンク ソルデム1輸液 テルペラン デキサート ドナー ドメイン ドラッグ&ドロップ ニンテンドー3DS ノイトロジン バイナリビュアー パリエット パン食 ヒューマン ペーパー加湿器 ボラザG メンタル モバイルWi-Fiルータ モバイルWi-FIルーター レパミビド ローン 一時退院 下痢 不安 人間ドック 体力 便秘 倦怠感 健康保険 入院 入院生活 初日の出 副作用 加湿器 口内炎 吐き気 吐き気止め 味覚異常 圏外 外泊 好中球 子供 家族 富士山 寛解導入療法 引きこもり 心電図 急性骨髄性白血病 扇風機 抗がん剤 抗生剤 振り返り 採血 歯茎 油モノ 治療費 準無菌室 点滴 生命保険 病室 病室移動 病院食 発熱 発疹 白血球 目眩 眼底 社会復帰 立ちくらみ 第2章 簡易無菌室 紫斑 給付金 胃の締め付け 胃もたれ 胃痛 胃薬 脱毛 自宅 血中酸素濃度 血圧 血小板 血液検査 補液 西日 解熱剤 誕生日 誤嚥性肺炎 貧血 赤血球 足のむくみ 輸血 通信量 通勤時間 造影剤 造血幹細胞移植 酸化マグネシウム 頭痛 食事 骨髄バンク 骨髄生検 骨髄穿刺 高額療養費 鼻血

さらばアイソレーター、目指せ一時退院

2018/04/10 11:45
2018年4月10日。外泊からの帰還後も、体調はすこぶるいい。好中球(白血球の一種)もそれほど減っていないらしい。これならアイソレーター(簡易無菌室)無くてもよいだろう、ということで今日撤去された。何だかとても広く感じるwまた、これまでアイソレーターの中にいることが半ば義務付けられていたが、それも無くなったので、これまでよりも病院内を自由に動き回れることになりそうだ。もちろん、人混みはなるべく避けるべきだが。 そして、今朝主治医と相談して、今週末に再度一時退院を目指すことに..

続きを読む

外泊

2018/04/06 20:51
2018年4月6日。先日抗がん剤投与を終えたが、その後も特に何かしら症状が出ることなく、順調に入院生活を送れている。 この分なら一時退院も間近かなぁ…と思っていたら、なんと外泊許可が出た。 ここ最近の採血検査によると、好中球(白血球の一種)はそれほど大きく減っておらず、今日の採血の時点でも約1,900/mm³と、一般的な正常値である2,000/mm³ をちょっと下回る程度だったようで、先月の一時退院前に投与した、白血球を増やす薬であるノイトロジンのお世話にならずに済んでい..

続きを読む

うまくいかない

2018/03/08 20:44
2018年3月8日。朝起きたら久々に38℃台の高熱。前日夜、ちょっと寒けがするなぁとは思っていたが、まさか発熱するとは。発疹を診てもらうため前日皮膚科の外来に行ったのだが、その時に何か貰ってしまっただろうか。ひとまず、カロナールを飲んで熱を下げ、朝晩抗生剤を点滴して様子を見ることに。 その発疹については、血小板を輸血したからではなく、血小板が少ないことによる紫斑と呼ばれる現象だそうな。発見したのが血小板輸血中だったのでてっきりそれが原因かと思っていたが、たまたまそのタイミン..

続きを読む

輸血でトラブル

2018/03/07 05:41
2018年3月6日。もう何度目なのか正確にわからない、血小板輸血。少なくとも10回以上はやっているが、これまでトラブルらしいトラブルは何もなかった。初めて輸血を受けた時は、発疹やら痒みやら出る場合があるし、最悪命に関わるようなことが起きるかも、みたいなリスクを説明されてちょっとビビっていたが、これだけ回数こなして何ともないと、もう点滴受けてるのと同じような感覚。 なので、今回も特に何もないだろうとタカをくくっていた。実際、輸血始めて20分くらい経っても、何も自覚症状はなかっ..

続きを読む

輸血のち発熱

2018/01/11 07:09
2018年1月10日午後。4回目の血小板輸血。自分の骨髄は未だ血小板を自家製造できていないようで、こうしてマメに輸血してやらないといけない。 自分のを含めて5人の血小板が同じ体内にいるわけで、喧嘩しないんだろうか、とかアホな心配をしていたからか、輸血終わった途端に発熱。夜になっても熱は下がるどころか、37.8℃まで上がってしまった。それでも自分はあまり心配していなかったが、こうなったことに対し主治医の方が誤算だったらしく、ちょっとどうするか考えます、ということに。結局消灯時..

続きを読む

はじめてのゆけつ

2017/12/30 19:57
2017年12月30日。入院4日目。抗がん剤の効果なのか、ガン細胞のせいなのかわからないけど、前日採血した結果、血小板の数値が5まで下がってる(10切ると異常値)ため、血小板の輸血を行うことに。人生初めての輸血。 今まで献血したことないのに、こんな時にどなたか様の献血の成果物を受け取るなんて恐縮しきり。輸血された人はもう献血はできないらしいので、元気になったら何か違うことで恩返ししよう…。 へーこれが血小板かー。みかんかすもものゼリーみたいな色。ちなみに茨城県産らしい。語..

続きを読む

もっと見る