2画面ファイラ 305ZT 44歳 4人部屋 Amazon AXGP Blast細胞 CSS CTスキャン CVカテーテル Emmet farman gif gifアニメ git github GVHD HLA HTML javascript Linux N予備校プログラミングコース QGraphicsScene QHexView QMovie QT SpO2 twitter ubuntu Vagrant Virtual Box WebP Y!mobile うつ がん仲間 がん保険 がん光免疫療法 がん特約 そらの100かいだてのいえ にんじんジュース アイソレーター アクラシノン アロキシ イダマイシン インフルエンザ ウォーキング カシモバ カロナール キロサイド ギガ グラニセトロン ケナログ コンビニ シャワー スイーツ ソフトバンク ソルデム1輸液 テルペラン デキサート ドナー ドメイン ドラッグ&ドロップ ニンテンドー3DS ノイトロジン バイナリビュアー パリエット パン食 ヒューマン ペーパー加湿器 ボラザG メンタル モバイルWi-Fiルータ モバイルWi-FIルーター レパミビド ローン 一時退院 下痢 不安 人間ドック 体力 便秘 倦怠感 健康保険 入院 入院生活 初日の出 副作用 加湿器 口内炎 吐き気 吐き気止め 味覚異常 圏外 外泊 好中球 子供 家族 富士山 寛解導入療法 引きこもり 心電図 急性骨髄性白血病 扇風機 抗がん剤 抗生剤 振り返り 採血 歯茎 油モノ 治療費 準無菌室 点滴 生命保険 病室 病室移動 病院食 発熱 発疹 白血球 目眩 眼底 社会復帰 立ちくらみ 第2章 簡易無菌室 紫斑 給付金 胃の締め付け 胃もたれ 胃痛 胃薬 脱毛 自宅 血中酸素濃度 血圧 血小板 血液検査 補液 西日 解熱剤 誕生日 誤嚥性肺炎 貧血 赤血球 足のむくみ 輸血 通信量 通勤時間 造影剤 造血幹細胞移植 酸化マグネシウム 頭痛 食事 骨髄バンク 骨髄生検 骨髄穿刺 高額療養費 鼻血

食欲不振

2018/04/22 15:01
2018年4月22日。抗がん剤治療を始めて5日目。 今回は初日からグラニセトロンという吐き気止めを毎日点滴しているおかげで、吐き気に苦しめられることは無くなった。ただその代わり、胃が張って食欲が湧かない。吐き気止めの副作用で胃腸の動きが鈍る、という話を以前聞いたが、そのせいかも知れない。なので、食事は殆どが完食はおろか、半分も食べることができずにいる。特に昼・夕食のおかずは大抵肉か魚の炒めモノで油ギットギトなので、見る気すら起きない。豚しゃぶサラダとか、せめて煮魚とか、そう..

続きを読む

100日

2018/04/05 06:28
2018年4月5日。入院し、闘病を始めてちょうど100日。早いものだ。そういえば、入院前日からアルコールを摂取していないので、もう100日禁酒していることになる。こんなに長い間酒を飲まないのは、20歳過ぎてからは初めてかもしれないw 前日、4回目の抗がん剤投与終了。今回はキロサイドのみだったためか、白血球は想定したよりも減少せず、ギリギリのラインを保てているらしい。今後、ノイトロジンという白血球を増やす薬を投与し、赤血球・血小板等含めて血球の減り方を見て、一時退院の時期と期..

続きを読む

吐き気止め

2018/03/26 11:59
2018年3月26日。ようやく吐き気が収まってきた。 今回の抗がん剤治療を始めてすぐ吐き気が出てきたので、テルペランという吐き気止めを注射で朝晩2回投与していた。注射なら投与して1、2分後には効いてくるという話だったが、何故か投与直後に逆に吐き気が強くなってしまうという謎の症状に。そこでグラニセトロンという、別の吐き気止めを朝晩2回点滴投与することに。さらにテルペランを錠剤で朝夕食前に服用することになった。これが効果てきめんだったようで、まだ少し頭痛は残っているが、吐き気は..

続きを読む

4回目

2018/03/23 09:27
2018年3月21日。4回目の抗がん剤治療が始まった。今回はキロサイドだけなので、余裕…と思いきや、何か体調がおかしい。2日目の朝あたりから、だんだん吐き気が強くなってきた。当初は貧血の影響かと思ったが、赤血球輸血しても変わらず。昼食・夕食は完食できず、また吐き気止めを注射して貰ったにも関わらず、結局夕食後しばらくしたら吐いてしまった。抗がん剤の副作用への耐久力が落ちてしまっているのだろうか。 3日目の朝になって幾分かマシにはなってきたが、まだ食事を完食するまでには至らず。..

続きを読む

現状維持を目指す

2018/03/20 17:27
2018年3月20日。主治医から、今後の治療方針について説明を受けた。前回のCAG療法であまり効果が出なかったこと、どのみち造血幹細胞移植をするのであれば、今の時点で無理に強い抗がん剤を使ってがん細胞を殲滅させる必要がないことから、今後は移植手術までの間、現状を維持していく方向で治療をしていくことになった。キロサイドの投与のみとなったので、前回までのような吐き気も殆どないだろうし、治療終了後の回復も早そうだ。治療後経過がよければ、先日のように一時退院もできるようだ。来月、息子..

続きを読む

誕生日

2018/03/11 20:34
2018年3月11日。翌12日は自分の44回目の誕生日。妻と息子に1日早く祝ってもらった。まさか病院で誕生日を迎えることになるとは。毎年、自分の誕生日は妻がちょっと手間とお金をかけてくれたカレーが定番だったのだが、それも食べられない。ケーキも、妻が毎年頑張って手作りしてくれていたが、今年は所沢駅のケーキ屋で売ってるカットのタルト。衛生的な問題から、手作りのお菓子等の持ち込みは禁じられているのでやむを得ない。来年こそ、自宅で誕生日を迎え、妻手作りのカレーとケーキを堪能したい。 ..

続きを読む

もっと見る