改善傾向

2020年1月27日。
入院生活7日目。

1週間経ち、抗生剤の点滴とブイフェンドの服用が効いてきたのか、だいぶ調子良くなってきた。
先程主治医からも、血液検査の結果が改善されてきているという報告も受けた。
まだ具体的な原因の特定には至っていないが、カビの薬を飲んで効いているということは、やはり何らかのカビが原因なのだろう。
さすがに今週中の退院は難しそうだが、来週早々には退院したいところだ。

ドライアイの方は、目薬とあずきのチカラで多少マシにはなったが、やはり長時間はキツい。
そしたら、今日看護師さんが酸素供給口に↓こんなアタッチメントを付けてくれた。
DSC_2494.JPG
下側にあるタンクに水を入れ、そこを通すことで水分を含んだ酸素を供給してくれるらしい。
確かに、鼻から漏れた酸素が眼球を通るので、それがドライアイをさらに悪化させているかもしれない。
実際これで酸素吸入すると、確かにちょっとドライアイが楽になった…ような気がする。たぶん。

何にせよ、改善傾向にあるのはいいことだ。
早いところ、退院して仕事復帰したいところである。

"改善傾向"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: