通院ウィーク

2019年3月9日。今週は月曜日に皮膚科、水曜木曜は大学病院の麻酔科と血液内科、金曜日は眼科と通院ウィーク。 皮膚科では帯状疱疹を診てもらったが、皮膚の方は大分良くなってきているとのこと。とはいえ、まだ炎症のあとはしっかり残っているので、塗り薬のコンベックは引き続き塗ることになったが。痛みの方については、入院中にロキソニンやトリプタノールを止め、医療用麻薬に切り替えたことを話したら驚いていた。…

続きを読む

体重激減

3月に入ってから、体重が未知の領域に入っている。こんな体重になったのは、高校生以来かも。 一昨年暮れに入院してからの体重のグラフ。今年に入ってから8kg以上落ちているのだが、帯状疱疹に罹患した1月半ば頃からみるみる体重が落ちていっている。痛みのあまり、食事どころではなかったからだろう。痛みが幾分か治まってきた頃に少し持ち直したものの、ぶり返したら一気に減ってしまった。 これだけ体重が落ちると…

続きを読む

退院

2019年3月2日。ようやく退院。それにしても、肺の影の原因を調べるための2泊3日の検査入院だったはずが、ここまで大事になるとは思わなかった。 医療用麻薬のオキシコドンだが、思ったほど効果が強いわけでも長続きするわけでもないようで、飲んで2時間くらいすると効いてくるものの、6〜7時間もすると効き目が切れてきたり、酷いときは殆ど効かないので頓服のオキノームを服用したりして、何とかしのいでいる。主…

続きを読む

再入院5日目

2019年3月1日。肺のGVHDは落ち着いてきたが、腎臓に負担がかかっていたり、発熱を抑えてしまうため肺のGVHDによる発熱が発見しづらいとの理由で、帯状疱疹の痛み止めの薬をいくつか止めたり、種類を変えたりしたため、またもや痛みが強くなってきて、昨夜はほぼ一睡もできなかった。 そこで、今夜からついに医療用麻薬を試すことになった。まずはカプセル状のオキシコドンという薬を服用し、急激に痛みが強くな…

続きを読む

検査入院4日目

もうタイトルの「検査」って要らないかなw 2019年2月28日。前日夜から、ステロイドの点滴投与が始まった。そのおかげか、早速発熱が収まり、今朝は久しぶりの36℃台。血中酸素濃度も96~7%くらいで安定するようになった。 昼前は院内の口腔外科へ。ステロイドによる骨粗鬆症を抑えるため、フォサマックという薬が処方されるのだが、この薬の副作用として顎の骨が弱くなったり、歯を抜いた後の出血が止まらな…

続きを読む