帯状疱疹後神経痛

2019年9月12日。2週間ぶりの血液内科の外来。 ここ数日、帯状疱疹後神経痛が酷くなってきて、仕事中も痛くて集中できないことが多くなってきた。気温が下がってきたからだろうか。そのことを主治医に相談してみたが、今のところは様子を見ることしかできないようだ。医療用麻薬を再開したら痛みは無くなるだろうが、そうなるとせっかくここまで麻薬に頼らずにきたのに、元の木阿弥となってしまう。なかなか難しいとこ…

続きを読む

減薬

2019年8月29日。いつもの血液内科での診察。前回の診察時にアルコールをもう少しだけ解禁して貰ったので、週2回だった飲酒が週4回程に増えたのだが、特に影響はなかったようで何より。これで安心して飲めるwいつもの肺のレントゲンも、特にこれまでと変化無く、影のようなものは見られなかった。 免疫抑制剤のプレドニンは2mg減って3mgになった。また、そろそろ減薬をしていこうということで、入院以来長らく…

続きを読む

もうちょっとだけ解禁

2019年8月15日。前回の通院から主治医が交代したが、今度の主治医は前任よりも多少楽観的な性格のようで、アルコールについて聞いてみたところ、今までの1日1本、週2回まで、という制約はもう少し緩めてよい、ということになった。とはいえ、じゃあどこまでOKか?となると基準を決めるのが難しいとのことで、自分の判断に任せられることになった。ひとまず、1日1本は厳守の上で、週2回までを3〜4回程度にして、…

続きを読む

主治医交代

2019年8月1日。2週間ぶりの血液内科の外来。 今までの主治医が転勤となり、この日から新しい先生が主治医となった。面倒臭い先生だったらやだなぁと思っていたが、この先生も前任と同じく、気さくに話せそうな感じの方だった。血液検査と肺のレントゲンはいつもの通り問題なし。免疫抑制剤のプレドニンはこの日から2mg減って1日6mgとなった。このペースならあと6週間で0にできそうだ。10月にはいよいよ寿司…

続きを読む

お別れ

2019年7月18日。2週間ぶりの血液内科の外来。 帯状疱疹後神経痛だが、実は2週間前の7/4に外来の診察を受けた日から、これまで定時(8時、20時)で服用していた医療用麻薬であるオキノームを止めることになった。このまま服用し続けるのは依存症になってしまう危険性もあるためだ。痛み止めであるカロナールは引き続き処方されており、また頓服であるオキシコドンについては、これまで処方された分がまだいくつ…

続きを読む