一難去ってまた一難?

2020年7月28日。先月、内分泌代謝内科で甲状腺の経過観察の診察を受け、さらに2週間前に甲状腺エコーを受けた結果が先週出たのだが、どうも何やら怪しい腫れがあるそうだ。そのため、甲状腺の細胞を採取して詳しく調べる、生検を受けることになった。 採取は耳鼻咽喉科で行った。内分泌代謝内科では外科的なことはやらない(できない?)らしく、甲状腺は喉のあたりなので、耳鼻咽喉科なのだそうだ。ベッドで仰向けに…

続きを読む

ぼく2ちゃい!

2020年6月18日。2ヶ月ぶりの血液内科の外来。 1日に内分泌代謝外来を受診した時はガラガラだったが、この日はさすがにコロナ前に比べれば空いているものの、先日よりは混んでいた。緊急事態宣言も解除され、少しずつではあるが、日常に戻ってきているようだ。病院はできればずっと空いてて欲しいけど。 血液検査の結果は問題なし。AST は3月は 66 U/L、4月は 71 U/L と高かったが、今回は …

続きを読む

病院スッカスカ

2020年6月1日。この日はいつもの血液内科ではなく、内分泌代謝内科の外来。 造血幹細胞移植を受ける前の検査で、甲状腺に若干の腫れがみられる、という診断が出て、それ以来毎年この時期に経過観察を受けている。久々の通院だったが、緊急事態宣言が解除されたにも関わらず、いつもどころか、宣言中の時よりも空いている。電話診療でも処方せんを発行するようになったためだろうか?おかげで、いつもなら予約の30分前…

続きを読む

次回は2ヶ月後

2020年4月23日。いつもの血液内科の外来。 血液検査の結果は良好。白血病の再発傾向も無いし、先日の肺炎の原因になったカビについても、特に反応は出なかった。むしろ今の心配は、新型コロナウィルスの感染だ。 自分のような骨髄移植を受けた人間は、総じて免疫力が低い。またこれまで獲得した免疫も全てリセットされているため、BCG等の各種予防接種を受けなければいけないのだが、冬にインフルエンザの予防接…

続きを読む

パルスオキシメーター

先日、パルスオキシメーターを購入した。パルスオキシメーターとは、動脈内の血中酸素飽和度(SpO2)を計測(ついでに脈拍も)する機械。急性骨髄性白血病や肺炎で入院していた時にも、これでしょっちゅう計測されていた。大体、98〜100%くらいが正常値らしいが、この値が95%を切るようだと肺が正常に機能していないとみなされ、肺炎の疑いが出てくる。先日の肺炎の時、入院時に計測したときは89%くらいだったの…

続きを読む