次回は2ヶ月後

2020年4月23日。
いつもの血液内科の外来。

血液検査の結果は良好。
白血病の再発傾向も無いし、先日の肺炎の原因になったカビについても、特に反応は出なかった。
むしろ今の心配は、新型コロナウィルスの感染だ。

自分のような骨髄移植を受けた人間は、総じて免疫力が低い。
またこれまで獲得した免疫も全てリセットされているため、BCG等の各種予防接種を受けなければいけないのだが、冬にインフルエンザの予防接種を受けなきゃ…などと思っているうちに肺炎にかかってしまい、さらにその後新型コロナウィルスが猛威を振るうようになったため、結局予防接種は受けられずにいる。
なので、感染リスクを抑える意味合いもあり、次回の外来は2ヶ月後になったのだが、感染拡大防止のため、電話診療でも処方せんを発行してくれることになった。
DSC_2530.JPG
もし2ヶ月後も新型コロナの騒動が収まっておらず、且つ自分の体調が落ち着いていれば、通院せずに済ませられるようだ。
とはいえ、薬局には行かなければならないので、そこで感染するリスクが無いとは言えないのだが。
もっとも、何をどうやっても感染リスクをゼロにできるわけはないので、そこは割り切るしかないだろう。

所沢市は病院や施設でクラスターが発生しており、感染者数は埼玉県で一番多い。
学校も先月からずっと休校で、息子もほとんど家に引きこもっているせいか、大分太ってしまっているようだ。
自分も新型コロナに感染する不安よりも、思うように外に出られないストレスの方がキツイ。
とはいえ、普段と変わらず仕事ができていて、毎月同じ給料を貰えているだけ、幸せなのだ。
SNS ではやたらと悲観的なことを書いてたりする人もいるが、そういった負の感情に引っ張られることなく、日常生活を変わりなく送れていることに幸せを感じ、周りに感謝して生きていきたいと思う。

ってか、ああいうこと書いている人の大半って、自分より重症化するリスク低くない?
なのになんであんな悲観的なんだろう…?

感染する前に重症化すること考えるバカいるかよ!

この記事へのコメント