[Unity] iOS 実機でサンプルプロジェクトを動かす(追記あり)

使用環境

  • MacBook Pro(Late 2011) + macOS High Sierra(10.13.6)
  • iPad Air(iOS ver.11.3)
  • Unity 2018.2.21f1
  • Xcode 10.1
  • SDK 12.1
    xcodebuild で確認したバージョン情報の出力結果(一部)
    $ xcodebuild -sdk -version
    iPhoneOS12.1.sdk - iOS 12.1 (iphoneos12.1)
    SDKVersion: 12.1
    Path: /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDKs/iPhoneOS12.1.sdk
    PlatformVersion: 12.1
    PlatformPath: /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform
    BuildID: 6F0BDB7C-D34C-11E8-B4D5-64D77DC3894B
    ProductBuildVersion: 16B91
    ProductCopyright: 1983-2018 Apple Inc.
    ProductName: iPhone OS
    ProductVersion: 12.1

開発者 Apple IDを作成

Apple ID は既に持っているが、開発用に別個作成した。
https://appleid.apple.com/#!&page=signin にアクセスし、一番下の「Apple ID を作成」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-28 9.43.35.png
なお当然ながら、既に Apple ID で使用しているメールアドレスは使用できない。
ここでは個人事業主の仕事用で使用しているメアドで Apple ID を作成した。

iOS デバイスの設定

iOS デバイスに、先程作成した Apple ID を設定する。
なお、既存の Apple ID が設定されている場合は、サインアウトしておく必要がある。

デバイスの設定を起動し、サインインを選択(ここでは「iPad にサインイン」)
IMG_0186_2.PNG

先程作成した Apple ID 及びパスワードを登録する。
IMG_0187.PNG

利用規約が表示されるので、同意するを選択。
IMG_0188.PNG

Apple ID の開発者登録

続いて、作成した Apple ID を開発者登録。
開発者サイトにアクセスし、右上の「Accrout」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-28 9.23.52.png
開発者契約のページに遷移するので、契約内容を頑張って読むw
スクリーンショット 2019-04-28 9.25.27.png
異議が無ければ、「By checking this ...」のチェックボックスをONにして Submit。
その下の「i'd like ...」は Apple からの開発者向けのEメールを受け取るかどうかだが、とりあえず付けておく。
スクリーンショット 2019-04-28 9.28.26.png
問題なければ「Getting Started」に遷移するので、もしまだ Xcode をインストールしていなければ、ここでダウンロード&インストール。
スクリーンショット 2019-04-28 9.32.02.png
ここでは既に Xcode はインストール済なので、「Join the Apple Developer Program」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-28 9.34.42.png

右上の Enroll をクリック。
スクリーンショット 2019-04-28 10.11.49.png
一生懸命英文を読み解くと、個人(Individual)の開発者はデバイスの2段階認証の設定が必要らしい。
スクリーンショット 2019-04-28 10.12.03.png

iOS デバイスの設定から、「2ファクタ認証を有効にする」をタップ。
IMG_0189.PNG

2段階認証の設定を行う。
IMG_0190.PNG

Xcode の設定

Xcode を起動し、メニューの Xcode → Preferences... → Accounts で、先程作成した Apple ID を設定する。
スクリーンショット 2019-04-27 22.29.08.png
ID 及び パスワードを入力し、問題無ければ Xcode 上にアカウントが表示される。
Team が個人名になってるので、せめて個人事業主の屋号に変えたいけど、何か方法あるのかな?
スクリーンショット 2019-04-27 22.30.15.png
続いて右下の Manage Certificates... をクリックし、ダイアログの左下にある+ボタンをクリック。
プルダウンから iOS Development をクリック。
スクリーンショット 2019-04-27 22.51.20.png

Certificate が作成されたら、Done。
スクリーンショット 2019-04-27 22.31.15.png
ここで Xcode でダミーの iOS 用のプロジェクトを作成し、iPad を接続して正常に認識されるか確認する。
スクリーンショット 2019-04-28 8.44.16.png
Xcode の左上のプルダウンから、接続した iOS デバイスを選択する。
なおここで表示されている「OS version lower ...」だが、プロジェクトの Deployment Target のOSバージョンが新しいためなので、適切なバージョンに修正すれば表示されなくなる。
スクリーンショット 2019-04-28 8.52.37.png

ところで、通常 iOS デバイスにアプリを転送するには、開発者登録をして Apple 様に日本円で年間11,800円(税抜)を払わなければいけないはずだが、教えてもらった情報によると、登録しなくても1週間以内にビルドしたアプリなら動かせるようになったそうな。
なので、プロジェクトの Signing のところには何もエラーが出ていない。
スクリーンショット 2019-04-28 10.37.09.png
Provisioning Profile の情報を見ると、6日後に期限切れ(Expires in 6 days)となっている。
スクリーンショット 2019-04-28 10.39.21.png

うまくいかず…

ということで、早速動かしてみようとしたところ、↓のダイアログが。
ところが、何のパスワードを入力したらよいのかさっぱり分からず。
先程作成した Apple ID のパスワード含め、心当たりを片っ端から入力したものの、受け付けて貰えず。
スクリーンショット 2019-04-28 10.37.45.png
この後、キーチェーンアクセス開いたりいろいろ悪あがきしてみたものの、結局動かせない理由が分からず、ここで一旦断念。
https://qiita.com/miyashiiii/items/9351d881edf7da897607 によると、今ログインしているユーザのパスワードらしいが、それも試したんだけどなぁ…。

よくわからんので、おとなしく Apple に開発者登録して11,800円(税抜)払って、現在認証待ち。

ということで、動かそうとしたけど動かなかった、というオチで一旦終了。
続きはまた今度。

(追記)と思ったけど

どうやら先程のパスワードは、Mac 本体ログイン時のパスワードを求められている様子。
さっきもちゃんと入力したはずなのに、なぜか弾かれた。
どーしても納得いかないので、試しに Mac 本体を再起動。
再度同じことやって、同じようにキーチェーンのパスワード求められたので、今度は慎重に Mac 本体ログイン時のパスワードを入力したら、今度は問題なくビルドが成功し、iPad 本体でアプリが起動。

ってことで、今度は Unity で iOS 用のビルドを試してみる。

Unity 2018.2.21f1 を起動し、サンプルプロジェクトを読み込み。
File → Build Settings で iOS を選択し、さらに Player Settings... で右側の Inspector に Player Settings を開き、iOS のアイコンのタブをクリックして Settings for iOS に切り替え、以下の設定を変更。
スクリーンショット 2019-04-28 19.21.08.png
  • Bundle Identifier … Android の Package Name と同じく、「unity.会社名.ゲーム名」とした。(ここでは個人事業主の屋号を使用)
  • Scripting Backend … IL2CPP
Build ボタンをクリックしてビルド開始。
ファイル名は Android と同じく「test」にした。
スクリーンショット 2019-04-28 18.28.24.png
ここで Missing Project ID というダイアログが表示されるが、ひとまず無視して Yes。
(ホントは何か設定が必要なんだろうけど)
スクリーンショット 2019-04-28 18.28.31.png
ビルドは数分かかったが、無事成功。
今度は Xcode を立ち上げ、Unity のプロジェクトを読み込む。
スクリーンショット 2019-04-28 18.55.39.png

Signing の Team を None から自分のチームに変更すると、Signing が行われ、成功すれが Certificate が表示される。
スクリーンショット 2019-04-28 18.56.11.2.png
ここで Xcode でターゲットを iOS デバイスに切り替え、Command + R で Run すると、ビルドが行われ…
DSC_2205.JPG
動いたーーーー!!!!!!

ん〜、結局キーチェーンのパスワード、正常に入力したと思い込んでいたけど、実は入力できていなかった、というオチ?
だとしたら、Apple の開発者登録、焦ってやらなくても済んだかも。
まぁいずれ払わないといけない金なので、数ヶ月早くなっただけ、と思えば…orz

ということで、バタバタしたものの、何とかここまで漕ぎつけた。
次の木曜日からはガッツリ Unity の勉強に勤しもう。

この記事へのコメント