久々の公共交通機関

最初の入院直前まで常駐で働いていた、MUTAN での所用のため、西武池袋線に乗って、池袋まで行った。
公共交通機関に乗るのは、通勤で乗って以来、約1年3ヶ月ぶりだ。

朝の通勤ラッシュより後とはいえ、急行等の優等列車だと混む可能性があるので、あえて各駅停車、且つ小手指駅からの始発を狙って行ったのだが、なぜかモバイルSuicaで自動改札を通過できず。
1,300円ほどチャージしているので、残額不足は無いはず。
自動改札機のモニタには「係員にお問い合わせください」としか表示されない。
最初の入院中、それまで使っていたスマホのバッテリが膨張してきて危険な状態になったので、中古業者から同じ機種を購入して交換したのだが、その際の移行に失敗していたのだろうか?
でもスマホ側は特にエラーらしいエラーは出なかったしなぁ。
何にせよ、このままではどうにもならないので、以前通勤時に使っていたPASMOカードに自動券売機でチャージして、何とか入場。
この間に狙っていた各駅停車は逃してしまったので、やむを得ず副都心線直通の準急の始発列車に乗り、練馬で元々狙っていた各駅停車に乗り換えて行くハメになってしまった。
今度電車に乗る際、少し早目に出て、同じトラブルに見舞われたら係員に聞いてみることにしよう。

所用を済ませた後は、本を物色しにジュンク堂書店へ。
こんなデカい本屋は地元所沢はもちろん、市外近隣にもない。
さすが東京w
目的は今後の仕事復帰に備え、これまであまり触る機会の無かった Unity の学習のためだ。
7月あたりから徐々に仕事復帰を考えているが、それまでの3ヶ月間、ガッツリと Unity を触っておこうと考えている。
Unity の公式サイトでも学習用にドキュメントや動画が多数公開されているが、やはり取っ掛かりは本があった方がやりやすい。
ということで、Facebook でフォロワーさんから教えてもらった以下の書籍3冊を購入した。
DSC_2151.JPG

3冊で1万超えてしまったwが、次またいつ東京出られるかわからないし、本買うためだけにまた池袋に出るのもおっくうなので、ここはもう必要経費だと割り切った。
元を取れるよう、しっかり勉強しよう。
当然だが、リアル書店は中身をしっかり確認してから買えるのがいい。
特にジュンク堂は椅子が用意されていて、立ち読みどころかじっくり座り読みできるのがいいところだ。
リアル書店は Amazon を初めとするネット書店に押されっぱなしで大変なようだが、こうした大型店舗だけでもいいので、永く残って欲しいところだ。

先にも書いたが、7月から仕事復帰を考えている。
いきなり1日8時間・週5日間椅子に座り続けてコーディング、というのは難しいにしても、これからの3ヶ月間でできる限りそれに近い状況に持っていければと思う。
これまでも復帰に向けて少しずつ体調整えたり、体力付けたりといったことは意識してきたが、3ヶ月後という目標が立ったことで、より明確に意識できるようになってきた。
免疫抑制剤を服用しているので免疫力は落ちているし、白血病自体の再発のリスクもあったりと予断は許さない状況は続くが、このまま無事に復帰の日を迎えられるよう、頑張ろうと思う。

この記事へのコメント