4回目の通院

2018年10月18日。
退院してから4回目の外来。

今回は退院後初の骨髄穿刺が目的だが、一昨日あたりから、胸から腹のあたりにかけて吹き出物のようなものができており、ちょっと気になっている。
特にかゆみは無いのだが、ここから慢性GVHDに繋がっていったりすると問題なので、ついでに診てもらうことにした。

骨髄穿刺は午後しかできないとのことなので、13時過ぎに病院へ。
朝来ると、まず受付の機械の前に行列ができているが、午後だと閑散としている。
いつもこうだといいのになぁ、と思いつつ受付を済ませ、採血室に向かうとこちらは多少混雑はしていたものの、朝に比べればかなり空いていた。
採血が終わった後は内科の処置室で1ヶ月ぶりの骨髄穿刺。
麻酔の効きが悪かったのか、以前より痛かったなぁ…。

その後は1時間半程待たされた後、診察。
血液検査の結果は悪くなく、クレアチニンの数値も前回より改善していた。
ここ数日、経口補水液を500mlペットボトル1日1本飲むようにしているのだが、その効果が出てきたのかもしれない。
吹き出物については、皮膚科の専門医ではない主治医ではちょっと判断がつかないとのこと。
そのため、明日朝イチで皮膚科で診てもらうことになった。
さらにちょっと通院の間隔を詰めて、様子を見たいとのことで、来週月曜日にも通院することになった。

三営業日連続の通院となってしまったが、やむを得ない。
この調子では、仕事再開までにはまだまだ時間がかかりそうである。
早く月2回程度の通院で済むようになりたいものだ。

この記事へのコメント