ラーメン食べたい

2018年9月4日。
リハビリが順調なせいか、食欲はますます旺盛に。
そしてやたらラーメンが食べたくてしょうがない。

昔からラーメンはよく食べていて、独身の頃は昼食にカップ麺、夕食はラーメン屋ってのが当たり前だったし、結婚してからも仕事で帰宅が遅くなる時は、自宅まで画面ができないので仕事場近辺のラーメン屋で夕食(ついでに晩酌)なんて食生活を送っていた。
だからこそ、一時は体重が100kg超えたこともあったし、40歳で痛風を発症して、入院直前までずっと痛風の原因である尿酸値を下げる薬を飲んだりしていたのだが。

そんなラーメン漬けの生活から離れて8ヶ月以上経ち、そろそろ禁断症状がw
とはいえ、病院抜け出してコソーリ食べに行く、なんてこともできないので、最近はグルメ系のYouTuberの動画を見たりしている。
ラーメンはYouTuberと相性がいいのか、ちょっと検索するだけで大量に動画が出てくる。

そんな中で自分がよく見るのは、SUSURU TV.というチャンネル。
ラーメン専門のYouTuberであるSUSURUという人が、「毎日ラーメン健康生活」というキャッチフレーズの元、毎日どこかのラーメン店の食レポ動画をアップしているのだが、1本が大体3〜4分程度の動画にまとめられていて、且つテンポよく見れるよう編集されているので、サクッと見られる。
また、本人がアフレコで実況も入れているが、結構喋りがうまく、聞いていて楽しい。
そして何と言っても美味そうに食べるし、食べ方もきれいで不快な感じが無い。

既に1,000本以上の動画がアップされているが、何度か登場している店舗もあるとはいえ、これだけ数多くのラーメン店があり、且つネタ切れ感が無いのは、ラーメンという食べ物の奥深さというか、可能性を感じさせてくれる。
自分は一度気に入ると、週一ペースで同じ店に行く傾向があるのだが、入院前にもっといろんな店のラーメン食べておけばよかったなぁと思う。

それにしても、「毎日ラーメン健康生活」というキャッチフレーズだが、初期の頃と現在とで明らかに体型も体重も変わっているし、実際人間ドックの結果も若いのにちょっとヤバめな感じがするので、間違いなく毎日ラーメンというのは不健康だと思う。
まあそれも含めてネタなのだろうが、他人事ながらちょっと心配ではある。

ということで、退院したら早速ラーメン食べに行きたい。
…と思ってはいるのだが、免疫力が低下していることから、しばらくの間人混みはNGなので、流行ってる店に入ることは難しい。
とはいえ、流行っていない店だと、今度は食材の鮮度の問題もあって、これまた厳しい。
また、自分は昔ながらのあっさり醤油よりも、こってりぎっしりな感じの方が好みなのだが、胃が入院前の頃ほどには復調しそうになく、受け付けられそうにない。
無理に食べて胃がやられると、そこからGVHDになってしまうこともあるそうだ。
当面はスーパーで麺とあっさり目のスープを買うか、またはカップ麺を買ってきて自宅で作るしかなさそうだが、やはり専門店でプロが作るそれには勝てるわけがない。

退院後もしばらくはもどかしい食生活が続きそうである。
完全に元の食生活に戻れるのはいつになるだろうか。
もっとも、体重のことを考えると、このまま戻らない方がよいのだが。

ほんの3週間前までこんなこと書いてたのに、こうも変わるとはなぁ。

この記事へのコメント