外泊

2018年4月6日。
先日抗がん剤投与を終えたが、その後も特に何かしら症状が出ることなく、順調に入院生活を送れている。

この分なら一時退院も間近かなぁ…と思っていたら、なんと外泊許可が出た。

ここ最近の採血検査によると、好中球(白血球の一種)はそれほど大きく減っておらず、今日の採血の時点でも約1,900/mm³と、一般的な正常値である2,000/mm³ をちょっと下回る程度だったようで、先月の一時退院前に投与した、白血球を増やす薬であるノイトロジンのお世話にならずに済んでいる。
また Blast 細胞も検出されていないらしい。
そして昨日は赤血球、今日は血小板を輸血したので、日曜夜までなら外出可能となった。

とはいえ、さすがに今日言われて今日帰るというのは妻が大変なので、結局明日土曜日の朝に帰宅することになった。

また、今月中旬には息子の9回目の誕生日が控えており、できれば次の土日も帰宅したい旨を伝えたところ、前向きに検討して貰えることになった。
今回の外泊で体調崩すと、次の土日は帰宅が許可されない可能性もあるので、うっかり風邪ひいたりしないよう、留意したいところだ。

この記事へのコメント