引越しは突然に

2018年2月2日午後。
昼御飯を食べ終わってノンビリしていると、看護師さんがやってきて、「病室移動して頂くことになりました。すぐ移動できるよう、荷物をまとめておいて下さい」とのこと。
何の前触れもなくいきなり来たので驚き。

移動先は今までと同じ準無菌室ではなく、普通の病室。ただし個室。
で、準無菌室のように、部屋に空気清浄のシステムが備わってないので、代わりにアイソレーターという機械をベッドの頭部側に設置して、いわば簡易無菌室のような感じにするんだそうだ。

荷物をまとめ、引越しは看護師さんがやってくれるとのことで、共用スペースで作業終了を待っていると、主治医がやってきて、今回の移動の理由について教えてくれた。
何でも、どうしても準無菌室でないといけない患者がいるらしく、数少ない準無菌室を空けざるを得なくなり、それで自分に白羽の矢が立ったそうな。
それ以上突っ込んだ話はしなかったが、今の自分よりもさらに免疫力が低い患者なのかも知れない。

引越しが終わったとのことで、病室へ。
DSC_1570.JPG
ちょっとだけ広くなったような気がする。
今度の病室はトイレはあるものの、シャワーは無し。
なので、共用のシャワーまたは浴室を、毎日使いたい時間帯に予約する必要がある。
今まではいつでも入りたい時に入れただけに、少し不自由になった。

ベッドはこんな感じ。
DSC_1571.JPG
このビニールの中のみ、簡易無菌室となる。
なので、出来る限りこの中にいて欲しいと看護師さんに言われた。
今までは病室内はマスク無しで自由に動けた(といってもそんなに広くないけど)ので、それがベッドから出ることすら制約を受けるとなると、さすがに閉口する。
まぁ共用スペースにお茶汲みに行ったり、運動不足解消のためフロア内を歩き回るのは禁止されていないので、そこまで大きく変わるわけではないが。

コンセント周りは、今まで頭上にあったのが、やや距離が遠くなってしまい、電源ケーブルの引き回しに苦労することに。
DSC_1572.JPG
ウチから電源タップもう1つ持ってきて貰うか…。

病室を移って一番大きく変わったことと言えば、1〜2本立つのがやっとだった Y!mobile のモバイルWi-Fiルータが、なんと常時バリ4になったことだ。
DSC_1573.JPG
おかげで少々デカいファイルのダウンロードもとても速く、且つ安定するようになった。
…が、貸出期間は1月8日からの1ヶ月間なので、もうじき返却しなくてはならない。
まさかこのタイミングでようやくアドバンスモードの恩恵を受けられるようになるとは。
せめて引越しがあと2週間早ければなぁ…。

まぁ何だかんだ言いつつも、今まで1ヶ月ちょっといた病室から引越ししたことで、少しリフレッシュできた気がする。
個室なので気楽なのは相変わらずだし、引き続き焦らず気負わず、1日も早く寛解して一時退院できるよう、自分なりにできることをやっていこうと思う。

この記事へのコメント