入口も出口も

2018年1月28日。
入口に次いで、今度は出口にもトラブル発生。
数日前から、ややお腹が下り気味だったのだが、そのせいか出口付近がヒリヒリするようになってしまった。
普段ならちょっとほっとけば治るであろうレベルだが、免疫力の落ちている今は何が原因で重症になるかわからない。
意を決して看護師さんに相談したところ、ボラザGという薬を処方されることになった。
DSC_1547.JPG
差して注入してもいいし、指に出して塗ってもいいし、というヤツだ。
まさかこんな薬を使うことになるとは…orz

口内炎も未だに治る気配がないし、吐き気はないものの相変わらず発熱と頭痛と倦怠感は毎日やってくるし、気力が萎えてくる一方。

こんなときは家族にお見舞いに来てもらえるのが一番なのだが、最近息子が通う学校でインフルエンザが流行っているらしく、学級閉鎖されたクラスも出てきているとか。
息子は幸い症状は出ていないようだが、ちょっと心配だし、また自分以外にも免疫力落ちている患者さんがいる病棟に連れてくるのはさすがにまずかろう、ということでしばらく息子のお見舞いは控えることにした。
スマホのテレビ電話で毎日顔は見られるものの、やはりリアルで会うに越したことはない。
早く自分の免疫力が元に戻り、息子とリアルで会えるようになりたいものだ。

この記事へのコメント