モバイルWi-Fiルーター借りた

自分の携帯はソフトバンクで、月7GB以上になると低速になる契約なのだが、「通信量」でも書いたとおり、1日平均で500MB程度通信しており、このままだと半月程度で7GBを使い切ってしまう。
体調もよくなってきてPCを弄る機会も増えてくるだろうし、ということでカシモバという業者からモバイルWi-Fiルーターを1ヶ月間レンタルすることにした。
ちょうど年末年始休暇で需要が多かったためか、通信制限なしの機種は殆どが品切れとなっており、かろうじて Y!mobile305ZT という機種が残っていたので、これを借りることにした。

Y!mobile の場合、アドバンスモードと標準モードという2種類のネットワークモードがあり、前者はエリアは制限されるが速度制限なし、後者はエリアはアドバンスモードより広いものの、月7GBという制限がある。
(ただしアドバンスモードでも、通信料が3日間で10GB以上になると一時的に低速になる)
自分が入院している病院はアドバンスモードのエリアに入っていることを確認して注文。
1月8日に自宅に届き、妻に3DSと一緒に持ってきてもらった。
DSC_1426.JPG

これで通信量に怯えることなく思う存分ネットができる!…と思ったが、とんでもない落とし穴が。
何故か自分のいる病室だと圏外になる。
DSC_1427.JPG

壊れているのか?とも思ったが、病室を出てフロア入り口付近にある共有スペースのあたりだと4本立つ。
また、病室内でも窓際までいくと、かろうじて1〜2本立つ時もある。
ネットで調べてみたところ、どうやらアドバンスモードで使用している AXGP という通信規格は、その特性から障害物に弱く繋がりにくいらしい。
なのでエリア内であったとしても、必ずしも繋がるとは限らないわけだ。

以前、自分もスタッフの一員として関わっていたあるイベントでY!mobileのモバイルWi-Fiルータを借りたことがあり、その時は特にこのような問題は出ていなかった(気がする)ので、完全に油断していた。
WiMAX ならこのような問題はなかったのかも知れないが、借りる時はちょうど全て出払っていたため、やむなく Y!mobile を借りたのが失敗だった。
あと2〜3日待ってから借りればよかった。

現在は、病室内でも安定して1〜2本立つ場所を見つけたので、今はひとまずそれで凌いでいる。
DSC_1448.JPG
ただ、やはり1日数回は圏外になるので、その時は端末を再起動している。
またブラインドを下ろすと確実に圏外になってしまうため、寝るまでブラインドを下ろせなくなってしまった。
この時期、暖房入れていても夜はやはり寒いので、できれば下ろしたいところではあるが、やむを得ない。
大容量のダウンロードをする場合は、PCとモバイルWi-Fiルータを持って共有スペースで行うようにしている。
そして寝る時は標準モードに切り替えている。

ところでソフトバンクの契約の方は、2月からは月50GBまで通信できる契約に切り替えた。
四六時中動画見たりするのでなければ、さすがにこれを使い切ることはないだろう。

あと20日、何とか耐え凌がねば。

この記事へのコメント