首から点滴

2017年12月27日午後。
医師との治療方針についての面談を終え、病室へ。

パジャマに着替えると、今度は点滴を入れるカテーテルを首に付けるために処置室へ移動。
普通、点滴と言えば腕の静脈だが、抗がん剤の場合は太い静脈に入れないと、効率よく薬が回らないんだそう。
首以外にも、鎖骨の下とかに入れる方法もあるけど、肺を傷付けてしまうリスクがあるとかで、大抵首から入れるらしい。
処置室で上半身裸になってベッドで仰向けに寝ると、頭から胸あたりまでを覆うシートのようなものを被せられる。
エコーで静脈の位置を確認し、麻酔を打って施術開始。

首から入れる場合、静脈のすぐそばに動脈があり、一歩間違うと動脈を傷付けてしまう。
エコーが今ほど普及してない時代は、ベテランの先生の触診で静脈を探し当ててたんだそうな。
当然ベテランの先生皆が皆、米倉涼子演じる大門未知子なわけではないので、失敗することも多かったとか。
今はエコーがあるので、昔よりは大幅に下がったものの、やっぱり100%成功するわけではない、という説明を事前に受けたため、めっちゃ緊張。
何しろ顔全体がシートで覆われて、何が起きてるのか自分じゃ見られないし。
もっとも、自分の首に管差してるシーンなんて見たくもないけど。

大体10分くらいでカテーテル装着完了。
DSC_1343.JPG
うーん、めっちゃ違和感あるー。
ちなみに写真の時はまだサージカルテープで仮止めの状態だけど、この後レントゲンでカテーテルがちゃんと静脈に刺さっていることが確認できたので、今は透明なバンソウコウみたいなので止めてたり。

この日の点滴は輸液という、水分とか電解質とかの成分のみ。
抗がん剤投与は翌28日の午後から。
抗がん剤入れると、吐き気するとか、頭痛が酷いとか、いろいろ副作用あるとのことで、ちと心配。

あと入院生活の数少ない楽しみの1つが食事。
昼御飯。
DSC_1341.JPG
晩御飯。
DSC_1344.JPG
…バランスのいい食事ですね(白目)

せっかくなので、質量共にコントロールされた病院食でダイエットするか。
転んでもタダでは起きないのが、フリーランスのしたたかさだ!

ところで、基本的には点滴受けてるだけなので、やることなくて暇。
積ん読状態だった本持ってきたものの、それだけじゃ時間潰せないよなぁ。
テレビもテレビカード買わなきゃいけないから、極力出費抑えたいし。

…どーせなら闘病ブログでもやるか!
昨日ネットで急性白血病調べてたら、結構闘病ブログやってる人いたし。
そして
↑この人みたいに本出して印税生活だ!
という不純な動機が、このブログ作った経緯w
転んでもタダでは起きないのが、フリーランスのしたたかさだ!(2度目)
まーそんなに文才無いし、2匹目のドジョウはそうそういないので、出版社から声かかるなんてことはないだろうけど。

ちなみに seesaa にしたのは、Facebook友達から、同じく急性骨髄性白血病にかかったものの、無事復帰できた方のブログを紹介頂き、そこが seesaa だったので験を担いで。

ってことで、ドタバタの入院初日は終了。
点滴受けながら慣れないベッドで寝たせいか、2~3時間くらいしか眠れず、見廻りの看護師さんの目を盗んでせっせとこのブログ更新していたのはナイショ。

この記事へのコメント

  • オーシャンブリッジ高山

    移植、頑張って乗り越えてください!僕はお陰さまで来月にはさい帯血移植から一年です。それほど慢性GVHDもなく(皮膚の赤みやかゆみ程度)、家族と普通の平穏な暮らしが送れています。今年になって二回ほど国内で家族と小旅行に行きました。夏には海外旅行を予定しています。

    移植治療中は大変なことも本当にたくさんありますが、きっと乗り越えられるはずですし、乗り越えれば家族との幸せな生活を取り戻せると思います。

    希望を持って乗り越えてください。

    ちなみに、僕のように売れ行きがそこそこの本を一冊書いたくらいでは、印税生活は難しいということが分かりました(笑)
    2018年03月23日 01:14
  • はらき

    高山さん、コメントありがとうございます!
    おお、もう一年になるんですね。
    3回がんと闘って、3回とも生還された高山さんのような方がいらっしゃると、それだけで励みになります!
    私も移植手術乗り越えて、息子の成人を祝うその日まで生き延びます!

    1冊目、読ませて頂きましたが、印税生活は難しいですか(笑)
    2冊目、楽しみにしています!

    > オーシャンブリッジ高山さん
    >
    > 移植、頑張って乗り越えてください!僕はお陰さまで来月にはさい帯血移植から一年です。それほど慢性GVHDもなく(皮膚の赤みやかゆみ程度)、家族と普通の平穏な暮らしが送れています。今年になって二回ほど国内で家族と小旅行に行きました。夏には海外旅行を予定しています。
    >
    > 移植治療中は大変なことも本当にたくさんありますが、きっと乗り越えられるはずですし、乗り越えれば家族との幸せな生活を取り戻せると思います。
    >
    > 希望を持って乗り越えてください。
    >
    > ちなみに、僕のように売れ行きがそこそこの本を一冊書いたくらいでは、印税生活は難しいということが分かりました(笑)
    2018年03月23日 07:57