現状維持を目指す

2018年3月20日。主治医から、今後の治療方針について説明を受けた。前回のCAG療法であまり効果が出なかったこと、どのみち造血幹細胞移植をするのであれば、今の時点で無理に強い抗がん剤を使ってがん細胞を殲滅させる必要がないことから、今後は移植手術までの間、現状を維持していく方向で治療をしていくことになった。キロサイドの投与のみとなったので、前回までのような吐き気も殆どないだろうし、治療終了後の回…

続きを読む