輸血のち発熱

2018年1月10日午後。4回目の血小板輸血。自分の骨髄は未だ血小板を自家製造できていないようで、こうしてマメに輸血してやらないといけない。 自分のを含めて5人の血小板が同じ体内にいるわけで、喧嘩しないんだろうか、とかアホな心配をしていたからか、輸血終わった途端に発熱。夜になっても熱は下がるどころか、37.8℃まで上がってしまった。それでも自分はあまり心配していなかったが、こうなったことに対し…

続きを読む

リフレッシュ

2018年1月8日。数日前から、左の下側の歯茎が腫れてきている。様子見していたら、段々悪化してきており、親知らずのあたりも疼くようになってしまった。主治医もこのまま放置しておけないと思ったようで、連休明けの今日、同じ病院にある口腔外科の診察を受けることになった。 主治医からは、歯をちゃんとしておけば肺炎になるリスクが減る、と言われたが、むしろ歯から肺炎に繋がるなんて想像もしていなかった。ところ…

続きを読む

点滴つけ直し

2018年1月8日夜。今朝、抗生剤の点滴を受け、解熱剤を飲んでから、一日調子がよかった。発熱も頭痛もなく過ごせるなんて久しぶりだ。 ところで先日首から左腕につけ直された点滴の口だが、夜になって抗生剤の点滴を受けていたところ、段々腫れ上がってきて痛むように。ナースコールして中断してもらい、結局右手首に再度点滴の口をつけ直すことになった。手が洗いづらくなったな…。 左腕はなんか痛々しい。 そし…

続きを読む

採血地獄

2018年1月8日朝。世間的には成人の日だったり、明日から3学期だったりとか、松の内も終わって何かと慌ただしくなってくる頃だが、病室はいつも変わらない日々。 頭痛と熱は相変わらずで、解熱剤でしばらく下がるも効果は長続きせず、また苦しみの時間が続く、という状況。特に夜中にピークが来るようで、前頭部、特にこめかみのあたりがズキンズキンと痛んできて、こうなると寝たくても寝られない。看護師さんに頼んで…

続きを読む

いよいよヤマ場?

2018年1月5日。発熱のせいで動く気力がなくなる。なので一日中ほぼベッドで横になっていた。 抗がん剤により白血球がほぼ0になり、体内に悪い菌が入ってきても退治できないため、抗生剤を点滴することになった。当面、1日2回点滴されるようだ。 抗がん剤投与が終わり、首から点滴しなくてもよくなったので、首のを外してもらい、代わりに左腕につけた。これで幾分か動きやすくなったのは嬉しい。 カロナールと…

続きを読む