口内炎

2018年1月24日。アクラシノンの投与が終わり、吐き気は全くと言っていいほど無くなった。これでようやく食事を楽しめる…と思いきや、今度は舌に出来た口内炎に悩まされるように。 数日前、舌の右側の根元に近いところに出来てから、気づくと舌の他の場所にも出来るようになり、気付けば4箇所。入院当初から、抗がん剤の副作用の1つとして、免疫力低下により口内炎ができやすくなるという説明は受けていたが、こんな…

続きを読む

この、ハゲーッ!

2018年1月22日。先週脱毛が始まってから、その勢いは衰えるどころかますます進行している。どれくらい抜けたのか自分でも気になったので、正面・上方・左右・後方からそれぞれ撮影してみた。 正面からは、多少薄くなったかなー?程度。もともとおでこが大分広がってはきていたが、さらに広がった気はする。上方は全体的に薄くなった感がある。ちなみにつむじの辺りは入院以前からずっとこんな感じw 左右は大分抜け…

続きを読む

さらなる強敵

2018年1月20日。「微熱と頭痛と倦怠感」の三重苦に悩まされている、なんて書いていたら、さらなる強敵がやってきた。吐き気だ。 今回の抗がん剤治療を始める際、吐き気止めを点滴された。一回投与すれば数日持つ、という話だったが、昨夜あたりから吐き気を催すようになり、入院以来ずっと完食してきた食事も、殆ど手をつけることができず、残してしまった。味噌汁は全部飲んだものの、ご飯は数口、おかずば手付かず。…

続きを読む

微熱と頭痛と倦怠感

2018年1月19日。抗がん剤治療第2ラウンドが始まって3日目。案の定、副作用に苦しめられている。 今回はアクラシノンという抗がん剤を30分*4日間、前回と同じくキロサイドという抗がん剤を24時間*14日間投与する。真ん中の黄色いのがアクラシノンだ。前回のイダマイシン同様、強力な薬らしく、やはりドギツイ色をしている。ちなみにアクラシノン投与中は、前回と同様心電図や血中酸素のモニタも付けさせられ…

続きを読む

抜け始め

2018年1月17日。朝、目が覚めてふと枕元を見ると、髪の毛が10数本散らばっていた。一晩でこんなに抜けることは今までなかった。 いよいよ、抗がん剤の代表的な副作用の1つ、脱毛が始まったようだ。 実は先週あたりから、体毛がやたらと抜けるようになっていた。トイレ入ると便器にやたらと下の毛が落ちたり、シャワー浴びるとバスタオルに体毛が絡まっていたり。なので、頭髪も時間の問題だと思っていたが、いざ…

続きを読む