首から点滴

2017年12月27日午後。医師との治療方針についての面談を終え、病室へ。 パジャマに着替えると、今度は点滴を入れるカテーテルを首に付けるために処置室へ移動。普通、点滴と言えば腕の静脈だが、抗がん剤の場合は太い静脈に入れないと、効率よく薬が回らないんだそう。首以外にも、鎖骨の下とかに入れる方法もあるけど、肺を傷付けてしまうリスクがあるとかで、大抵首から入れるらしい。処置室で上半身裸になってベッ…

続きを読む

決意

2017年12月27日朝、病院の面談室。医師から説明された治療方針は以下の通り。 1.寛解導入療法…抗がん剤で異常な細胞をやっつける。但し抗がん剤は強力なため、同時に正常な白血球もやっつけてしまい、一時0に近くなる。そのため、抗がん剤投入後は著しく免疫力が落ちる。その後、少しずつ正常な白血球や血小板が増えていく。こうなると寛解(かんかい)と言って、まずは一安心。 2.地固め療法…1で見事寛解…

続きを読む

そして入院へ

2017年12月27日朝。長い闘いの始まり。義父(妻の父)の車で病院へ。その前に妻の提案で近所の神社にお参り。毎年正月に初詣してて、その度に仕事と家族の健康を祈願してたけど、今年はお賽銭ケチッたのが失敗だったようで、仕事は割と順調だったものの、健康の方はスルーされちゃったらしい…。来年回復したら再来年の正月はお賽銭ハズむから、きっちり治してチョーダイ! 病院の受付で入院手続き済ませると、さっそ…

続きを読む

入院前夜

「お父さん、病院から電話だって」2017年12月26日の夕方。息子のその一言で、忘れていた、いやもしかしたら必死に忘れようとしていた現実に一気に引き戻された。 1階のリビングに行くと、受話器を持った妻が不安そうな顔で自分を見る。意を決して受話器を受け取ると、電話口の向こうは昼間検診してくれた医師。 「大丈夫でした!問題ありません」 という答えを一瞬期待するも、それならわざわざ電話しないで明…

続きを読む